({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年08月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
1.42MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

伝説のゲイ雑誌『さぶ』誌で熱筆を揮った幻の作家・江島厚による、
G-men239号に掲載された単行本未収載の読み切り小説作品(原題:夏の嵐に)を配信開始!

誰にも言えない、俺と先輩の秘密の行為。「う押忍」の返事と共に、その全てを捧げて…。
それは、汗と汁にまみれた青春の1ページとは?
部活動後、他の部員たちの目を盗んで重ねる密室の逢瀬。
やがて聞こえてくる先輩の足音を心待ちにしながら、青年は期待と興奮に心と体を震わせる…。

「ことさら純潔を重視する部の中にあって、先輩と俺のような関係は、体罰ものである。
実のところ、この隊を組んで帰るという暗黙の習慣も、部員の純潔を守る、いや環視する相互扶助の仕組みなのだ。
それ故、二人の密会も、細心の注意を要する訳だ。先輩と俺の合い言葉。
別れ際、俺は先輩に、そして先輩と同じ線に乗る他の先輩方に、別れの挨拶をする。『う押忍!』と…」(本文より)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「可愛い性具」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件