>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数56
ジャンル

作品内容

男が好きで、男同士で愛し合いたいと当たり前に願う男達にとっての棲家とは?
年の瀬に岩倉に迎えに来られ、御殿場の家に戻ってきた将造。
ドヤでのひとり孤独に新年を迎えるはずだった将造は、
気の置けない男達と身も心も裸で過ごす年越しに心がほぐれていく。
そして、岩倉から求められるままに、男同士の性愛を積極的に受け入れていくのだった。

迎えた元旦、みんなで近所の神社へと初詣に向うが、そこで社長が急に倒れてしまい救急車で病院に搬送される。
そして、そのまま帰らぬ人となってしまう。
社長の突然の死で、それまで均衡を保っていた男達の暮しが静かに変わり始めていく…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042160
ファイル名/ファイル容量
BJ042160.zip / 1.83MB (1919873Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「棲家 完結編 -下- ~孤独な夜が生んだ、男達の蜘蛛の巣」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件