>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数27
ジャンル

作品内容

新エロ企画第3弾!
まったく新しいアプローチで迫る男達の世界…第3弾は、
巨根タチの社会人ラガーマンが、男を支配する悦びを快感と共に知り、その世界にのめりこんでいく物語…。

俺の終わらない夏は、
土と汗とあいつらの匂いがした。

学生時代に続けていたラグビーを、俺は社会人になってからもなんとなく続けていた。
試合中の血が沸き上がるようなあの興奮、あの刺激を忘れられずにいたからなのかもしれない。
度々意識していたことだが、俺にことさら親密に接してくる男はなぜだか少なくなかった。
同じチームの8つ年上の男も、その類いだったのだろう。
「俺のチ●ポってデカいから、風俗でも持て余しちゃうんすよ」
そんな俺の好奇心-ことば-に、そいつはまんまと食いついてきた…。

その男とは何度か体を重ね、その後も俺は男同士のセックスにのめりこんでいった。
出会い系サイトで俺のデカマラを自慢すれば、掘られ好きの男はいくらでも見つかった。
とにかく男たちが俺のチ●ポに跪くのが楽しくて仕方なかった。
厳つい男が女のように喘いで啼くその姿…まるで自分がそいつを支配するかのような感覚…。
それはラグビーの試合で、強いチームを打ち負かして勝利した時に得られる高揚感に似ている気がした。

そんな時に知り合ったゴツい兄貴は、某ラグビー部の監督でバリタチとのことだった。
どうせコイツも俺のチ●ポの虜になると、タカをくくっていた俺は、相手に身を任せることにした。ところが…。
「こういう遊びは初めてか? まぁ試してみようぜ」
「普段はタチらしいが、今日は俺の好きなように遊ばせてもらうからな」
今までに経験した事の無い、男からの愛撫と責めに俺は…。

※G-men No.221掲載分より新たに2ページを追加して特別配信!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042158
ファイル名/ファイル容量
BJ042158.zip / 16.31MB (17101889Byte)

爆男漫画劇場3 ノーサイドの向こう側 No Side×Another Sideの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「爆男漫画劇場3 ノーサイドの向こう側 No Side×Another Side」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件