>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数19
ジャンル

作品内容

新エロ企画第2弾!
まったく新しいアプローチで迫る男達の世界…
第2弾は、ノンケ青年が南国で本当の自分に目覚める、恥辱と興奮の物語!

卑猥楽園露出痴態

突き抜けるような高い空。蒼く透き通った海。
日常から遠く離れた南の国で、俺は気ままな一人旅を満喫していた。
宿の近くのビーチをランニングしていると、茂みの奥から獣がうなるような低い声が聞こえてきて…。
「ハァ…ハァ…」
俺がそこで見たものは、裸の男と男が抱き合い、激しく絡み合う姿だった。
「…男同士で? まさか、こんなこと…」

宿に帰ってからも、あの光景が頭から離れない。
何かの間違いだ、あり得ない…と、自分に言い聞かせて忘れようとすればするほど、
彼らの姿は俺の脳裏に刻み込まれていった。

そんなことを考えながら、デッキチェアーでまどろんでいた時だった。
「よう兄ちゃん。さっき 俺たちを覗いてたよな?」
俺の目の前には、あの男達が立っていた。
「…兄ちゃんは、こういうことに興味があるんじゃないのか?」
戸惑う俺の体に彼らの手が伸びる。
なぜか俺はその大胆なアプローチに抗うことができないまま、今まで女相手では味わったことの無い、
淫らな行為と快感に飲み込まれていった…。このまぶしすぎる太陽の下で…。

※G-men No.220掲載分より新たに2ページを追加して特別配信!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042157
ファイル名/ファイル容量
BJ042157.zip / 10.82MB (11349135Byte)

爆男漫画劇場2 太陽がいっぱい Purple Noonの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「爆男漫画劇場2 太陽がいっぱい Purple Noon」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件