>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数78
ジャンル

作品内容

温泉巡りが趣味の男は、小さな工務店の先輩である兄貴の手によって、
恥辱を与えられるほど燃える変態性欲を開花させられていく。全十話

■第七話「淫楽の温泉・社員旅行で淫らな三つ巴」
社員旅行で訪れた歴史ある温泉地。
宴会の後に社長から、もう一回風呂に入ろう、と誘われた先輩と健太。
先輩は健太に「お前のタオルは持って行くな」と命じる。
おしおきの下半身剃毛の日々はは続いていた健太は、
こんな股間を社長に見られたらどうしよう…、と困惑しながらも興奮してきた。
厳つくて逞しい男盛りの社長は、健太の好みにタイプだったからだ…。

■第八話「社長の玩具・淫らに匂う昼前の社長室」
温泉宿での一件以来、社長に性玩具として貸し出される健太。
精力旺盛な社長は、仕事中でも時を選ばずに健太を使って性処理をするのだった。
今日も午前中から社長室に呼び出された健太は、全裸になっての奉仕を命じられる。
壁一枚へだてたところには先輩はもちろん、何も知らないノンケの同僚も働いているというのに…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042062
ファイル名/ファイル容量
BJ042062.zip / 2.16MB (2267527Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫乱浴場記~恥辱に溺れ堕ちていく男の軌跡 第七話&第八話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件