>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数71
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

温泉巡りが趣味の男は、小さな工務店の先輩である兄貴の手によって、
恥辱を与えられるほど燃える変態性欲を開花させられていく。全十話

■第五話「羞恥の欲情・垢擦り親父の淫らな手技」
温泉町への一人旅で年下の学生に抱かれてしまったことがバレた健太は、
お仕置きとして下の毛を毎日ツルツルになるよう剃ることを兄貴から強要される。
そして、下半身がパイパン状態のまま、兄貴に見られながら垢擦りを受けさせられる事になる。
発情したら許さないと言いつけられた健太だが、
垢擦り親父は、雄の魅力を発散しているタイプで…。

■第六話「漢臭の誘惑・出張修理のあぶない遊戯」
工務店の営業終了間際に掛かってきた温水器の修理依頼。
出張修理に向う健太の前に、バスタオル一枚で現れた厳つく逞しい男。
一人暮らしの乱雑な室内には噎せ返るような雄の臭いが充満している。
しかも、この男は現役の自衛官だった。
いけないと思いながらも抑えきれずに発情してしまう健太だったが…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042060
ファイル名/ファイル容量
BJ042060.zip / 2.35MB (2469236Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

淫乱浴場記~恥辱に溺れ堕ちていく男の軌跡 第五話&第六話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫乱浴場記~恥辱に溺れ堕ちていく男の軌跡 第五話&第六話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件