({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数33
ジャンル
ファイル容量
861.24KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

身も心も師範に捧げた青年剣士を待ち受ける、寒稽古の後の秘密の男修行とは…。

吐く息も白い底冷えのする道場で向き合う師範と青年剣士。
しかし、青年が身につけるのを許されたのは下半身にかかる「垂」だけであった。
しんしんとする厳しい寒さの中であっても、青年の下半身はいきり勃っていた。
剣道の寒稽古が終わったあとの道場で執り行われるのは、
師範と剣士、2人だけの秘密の修行であった。
竹刀を剣士に突きつけながら師範は繰り出す淫らな詰問の数々に、
剣士は下半身を火照らせながら答えていく。
恥辱の問答の先に剣士を待つのは、絶頂か、苦悶なのか?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「寒稽古果てし後の…~青年剣士、恥辱の陵辱問答」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件