>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年07月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数57
ジャンル

作品内容

単なるロール・プレイではなく、リアルに性奴隷として監禁調教飼育される男たちの苛酷な日常と、彼らを待ち受ける運命とは? 
男奴隷を描いた短編小説2本立て。

■「地下の獄舎」
サラ金への借金がかさみ、ニッチもサッチも行かなくなった浩二は、
怪しげなマチ金から金を摘みトンズラしようとしたところを、バックにいるヤクザにとっつかまる。
ヤクザは浩二を性処理用男奴隷として売り払い、借金を回収しようと考えたのだ。
客は興味を示すものの、ヤクザがふっかける金額が高すぎて、浩二にはなかなか買い手がつかない。
売れなければ、ヤクザたちからの暴行や陵辱を甘受しなければならない浩二は、
次の相手にぜひ買い取ってほしいと熱望する。
新たに浩二に興味を示したのは、元プロレスラー、悪どい商売で金儲けをしている巨漢。
新築の家に作った地下牢で監禁飼育する男奴隷を欲しているという。
購入前に丹念で苛酷な品定めをされている時点で早くもその男に恐怖を抱いた浩二は、
今回も売れないでほしいと願うのだが……。

■「奴隷の血統」
アメリカ留学中に誘拐された日本人青年は、カリブ海に浮かぶ孤島に連行され監禁される。
白人の大富豪R氏に目を付けられた青年はR氏が所有するその島で、
監督という名の調教師から厳しく仕込まれる日々が続く。
そしてR氏は、年に何回か島へやってきては、青年を好きなように陵辱し、使用して楽しむのであった。
そんな奴隷としての日々が二十年近く続いたあるとき、
島へやってきたR氏だが、いつもの来訪とは様子が違っていて……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042045
ファイル名/ファイル容量
BJ042045.zip / 1.63MB (1704900Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奴隷が涙を流す夜~地下の獄舎・奴隷の血統」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件