ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > どす黒い週末~売却された男奴隷が堕ちる淫虐地獄

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数129
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

初めての男の手練手管で奴隷調教された青年は、自分の意思は踏みにじられて
好みとはほど遠い中年の労務者に売却される。
青年を待ち受けるのは、さらに苛酷な真の奴隷調教だった。

中学生の頃から男に惹かれてしまう自分の性癖を自覚していた洋介。
しかし、小心でまじめな性格ゆえに自分の本性を隠し、生まれ故郷で地味にくらしていた。
そんな洋介の日々が一変したのは、大学を出て東京で働き始めて数ヶ月後のこと。
通勤の満員電車の中で洋介に痴漢をしかけてきた男がいた。その男・工藤が、洋介の初めての男となった。

ドSの工藤は、最初はそんな素振りも見せなかったのだが、巧みに洋介をM奴隷として調教していく。
洋介が工藤の奴隷であることを受け入れ、調教に悦びを見いだしていくのと並行するように、
工藤は洋介に飽きを感じ始めていた。そして、洋介をS仲間の中年の労務者・イワタに売却することを決める。
何も知らずに週末に工藤のもとを訪ねた洋介は、行く先も知らされずに車で連れ出されるのであった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042041
ファイル名/ファイル容量
BJ042041.zip / 1.39MB (1452977Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「どす黒い週末~売却された男奴隷が堕ちる淫虐地獄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件