>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年03月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数94
ジャンル

作品内容

女好きのトラックドライバーは、霧深いパーキングエリアで知り合った青年に
男同士の肉の悦びを教え込まれ、深い闇に堕ちていく。

嫁と息子の三人暮らし、幸せな家庭を築いているトラックドライバーの俺、
嫁とは下半身の相性が良くて、息子が小学生になった今でも、
仕事に出る前、そして仕事明けに一発決めている。
そんな最中にアパートの隣部屋に住む大学生の部屋から大声が聞こえてきた、
頭に来た俺は「うるせえ」と文句を言いに行った。
どうも友達と一緒にSM女王様もののDVDを見ていたらしい。まったく、ふざけた連中だ。

そんなある日、出がけに嫁と喧嘩をしてしまい、いつもの一発ができないままになってしまった。
仕事中もムラムラが収まらない俺。
帰っても嫁がやらせてくれないかも知れないと思った俺は、この下半身の滾りを抑えることができず、
帰りに人気のない小さなパーキングエリアにトラックを止めた。
人気のない場所で、自分で処理をしようと考えたのだ。
深い霧につつまれたパーキングエリア、運転席で自分の息子を慰める俺。
そこでいきなり、ドアが叩かれた。男好きだと名乗る奴が「手伝わせてくれ」と言ってきたのだ。
冗談じゃない、と思った俺だったが、その男の押しに負けてしまう。
それが、俺の転落の始まりだとも気付かずに……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042040
ファイル名/ファイル容量
BJ042040.zip / 1.25MB (1314796Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「霧のパーキングエリア~トラッカーは青年に虐められる悦びを知る」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件