({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年10月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数37
ジャンル
ファイル容量
962.14KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大学レスリング部幹部候補生のための夏期特訓合宿。
学ランを奪われ、白いサポーター一枚を与えられた二回生は道場に監禁状態で、
諸先輩方から苛酷な責めを受け続ける。

クソ暑い真夏の午後、十畳敷きの部屋に学ランを身に包んだ
猛者たちが一人の若者を囲み、円陣を作っていた。
円陣の中央に学ランを着込んで立つのは、二回生・小川猛。
これから某大学体育会レスリング部の幹部候補生を鍛えるための、
夏期特訓合宿が始まろうとしている。

特訓は「着衣の儀」から始まる。
夏期特訓中、小川が身につけることを許されるのは
神聖なユニフォームである白いサポーターのみ。
学ランを脱ぎ捨て全裸になった小川は、その神聖なユニフォームを身につけて、
諸先輩方に服従の意志を「う押忍」で申告する。

下級生である小川に許された言葉は、この「う押忍」だけである。
先輩への返答、挨拶全てこの一言でなされねばならない。
もちろん、先輩に小川から口を開くことは許されていないのだから
「う押忍」は先輩に対する盲目の敬意と、絶対服従の意味しか
持っていなくても、事は足りるのだ。

大先輩である野田会長から
「一週間、果てるまで、お前の肉棒は部の所有物である。
決して、お前がさわることば許されん。いいな」
と宣告されて、小川の特訓合宿は始まる。

「炎の儀」「習練」「玉水の儀」そして「血統継承の儀」。
一週間の苛酷なしごきの果てに、小川を待ち受ける運命とは?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「青春は汗の中で~レスリング部幹部候補生・恥辱の夏合宿」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件