ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 暴走獣欲~止まらない欲望の果て

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年12月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数70
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

無理矢理に始まった関係は、青年の欲望を暴走させた。
自らを競り(人身売買)に掛けるようになるまで堕ちていく軌跡。

その関係は、自らが望んだものでは決してなかった。
男が好きではあるものの、年上の男にはまったく興味がない青年。
そのルックスに目を付けたのはアパートの隣室に、
年の瀬になって引っ越して来た肉体労働者の親父と、その仲間。
無理矢理に引越の手伝いをさせられ、その礼をすると呼ばれた青年は、
若い男をこましては奴隷として仕込むことを愉しみとしている手だれな親父たちの罠にハマる。

強姦まがいの暴行で犯され抜く青年。
しかし、それで解放されることもなく、正月三が日をかけてじっくりと仕込まれて行く。
心から嫌悪感を抱いていた青年だが、親父たちの熟練の技にかなうはずもなく、いつしか体も心も開いて行く。
しかし、親父たちは、仕込みが終われば捨てるのが常であった。
快感に浸り、理性が麻痺してきた青年が選ぶ道とは……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042037
ファイル名/ファイル容量
BJ042037.zip / 3.83MB (4018372Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「暴走獣欲~止まらない欲望の果て」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件