({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年12月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数46
ジャンル
ファイル容量
4.53MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

鬼畜な高利貸し・銀蔵は、絶倫の春画絵師・寿三郎と共に、
返済の滞る青年を春画のモデルに強要、陰惨な毒牙にかけるのだった。

江戸中期から巷でもてはやされた浮世絵。
その数々の名品の中でも、決して日の当たることのない春画にこそ、
町人文化の本質が描かれているという。
鬼畜な高利貸し・銀蔵となさぬ仲の絵師・寿三郎。
2人は、銀蔵の客で支払の滞っている青年の体を弄び、その様を春画に描いていた。
次の標的は、深川辺りでは評判の男前な大工・杉作。
支払いを待ってくれと頼みこむ杉作だが、証文には遅れる分は体で支払うとの一文が。
あわれ杉作は、銀蔵の性の餌食となり、ネチネチと陰惨に責め苛まれていく。
そして、あられもない姿は、寿三郎の筆により見事な春画に仕立てたげられて行くのだ。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「男郎花情絵 獣欲の章~無惨の菊座・極彩色青年責め絵」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件