ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 恋に落ちたジャズシンガー~親父の純愛

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年09月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数136
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ろくでなしの親父ジャズシンガーが、若い男に初めて本気の恋をした。
その恋は、ろくでなしの人生を大きく変えて行く。

歌い始めて30年以上、50才を目前にした親父ジャズシンガー、熊元康三。
マイクを前にした歌手はこうあらねばならない、などと若い頃に抱いていた情熱もいつしか消え去っていた。
今は、田舎のホテルなどドサまわりをしながら惰性で歌うだけの毎日を過ごしている。
男好きな康三は、様々な男を口説き、関わりをもちながらも、飽き性のために長くは続かず、
この年になってもフラフラと男遍歴を重ねている。つまり、絵に描いたようなろくでなしである。

ある日、田舎のホテルでのステージで歌っている康三の前に、 鄙には稀な爽やかな青年が現れた。
しかし、そんな爽やかな雰囲気とは裏腹に、そのホテルの支配人であるデブな親父の愛人だと噂されている。
興味を惹かれた康三は、いつものように青年を口説き始める。いつもの遊びのつもりで。
しかし、それは康三の人生を大きく変えていくきっかけとなるのだった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042032
ファイル名/ファイル容量
BJ042032.zip / 1.17MB (1227336Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「恋に落ちたジャズシンガー~親父の純愛」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件