>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年01月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数47
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

行きずりの東方美男への欲情に身を任せる、国際空港のおっさん警備員が待ち続けているものとは?

旅立つ男、見送る男、旅から帰って来た男、出迎える男、そして空港で待ち続ける男。
国籍・人種を超えた様々な男が行き交う場所、国際空港ターミナル。
そして、そこは男たちの愛と欲望が交差する場所でもあった。
大野洋平45歳は、ターミナルの警備員として働いている。
10年前までは隣県の警察官として出世コースにのっていた大野だが、
組織のスキャンダルに巻き込まれ警察を辞めざるを得なくなる。
そのとき一緒に警察を止めた先輩・富川に対し、密かな愛情をかかえていた。
警察退職後は消息を絶ってしまった富川と再会できる日を願う大野もまた、空港で待ち続ける男であった。
ある日のこと、大野は空港に足止めをくらってターミナルで夜を過ごしていた台湾の青年と巡り会う。
坊主頭に無精ひげ、分厚い胸をした逞しい美青年。
本来は自分と同世代の成熟した男にしか欲望を抱かないはずの大野だが、
その青年が持つ男臭さと幼さが重なる顔から目が離せなくなった。
猛り始める己の下半身、燃え上がる欲情を自覚した大野は、「家に来ないか」と、青年に声をかけた。
狭い部屋で隣に寝る青年に欲望を抱く大野だが、理性で抑え込もうと努力していた。
しかし、青年はトイレに置かれていたゲイ雑誌を見つけていたのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042031
ファイル名/ファイル容量
BJ042031.zip / 627.49KB (642548Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「愛と欲望の滑走路01~国際空港二十七時」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件