ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 野郎転がし~疑似親子疑似兄弟

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数64
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

血縁関係はなくとも、お互いを親父と息子、兄と弟と呼び合う。
そんな男同士の疑似家族感覚の底には、男同士の恋愛感覚と紙一重の感情が脈打っている。

■「父子喧嘩」
…山奥の現場で働く俺・剛吉は20代半ば。
この現場では最年少ということもあり、むくつけきオヤジたちと毎日元気に働いている。
息子のような年格好の俺は、オヤジたちに可愛がってもらっている。
そんな中でも特に体型が似てるってことで、浜さんとは父子扱いされている。
浜さんは45才、奥さんと別れたやもめ男だ。
そして、俺は浜さんの事が好きで好きで堪らない。
雨のために現場が休みになった日に、飯場に残ったのは浜さんと俺だけ。
そこで俺は、浜さんの負けず嫌いの性格を刺激して、罠を仕掛けることにした……。

■「兄貴が胡座をかいた。」
…見るからに体育会出身者、29才の俺は今日もジムでのトレーニングに精を出す。特に下半身を中心に。
なぜならば、今日は俺の可愛い弟が遊びに来るからだ。
弟といっても本当の兄弟ではない。
俺の可愛い恋人は、このぶっ太い下半身に惚れているんだ。
ちょっと変態的なところがあるけれど、可愛い弟のいう事にはなんでも従う俺なんだ。
今日は、どんなことをさせられるんだろう……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042030
ファイル名/ファイル容量
BJ042030.zip / 1.75MB (1837637Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「野郎転がし~疑似親子疑似兄弟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件