({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年05月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数105
ジャンル
ファイル容量
1.43MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

記憶の底から甦り続ける夢、それは真夜中に俺の部屋に入って来る男の足音。
これは現実なのか、それとも…。

十八才で家を出て以来、滅多に寄り付かなかった実家での暮しを、
二十数年ぶりに始めることになった。
母は十年前に亡くなり、兄の嫁さんも離婚して出ていってしまい、
旧家の日本家屋に暮らすのは、父と兄と俺の男三人。
実家で暮らすことで、記憶の彼方にあったはずの過去の想い出がだんだんと甦ってくる。
そして、逃れられない悪夢のように消えないあの夢は、現実に起こったことなのか?
男家族三人の暮しは、淫らな匂いを濃厚に放ち始める…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「真夜中の足音~父と兄と俺、ひとつ屋根の下の淫らな男家族。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件