>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数65
ジャンル

作品内容

先輩の奴隷であり、教え子の性玩具にまで堕とされたラグビー部顧問。
教師奴隷を引き継いだ生徒たちが、教師を嬲る主人へと生まれ変わっていく。
体育会ゲイ小説を代表する名作。

大学体育会ラグビー部の先輩、吉田に、合宿中の雨の降りしきるグラウンドで
無理矢理に男の快楽を教え込まれた真樹。
それからは吉田の性奴隷として調教され、卒業後は吉田が務める高校に体育教師として配属される。
吉田が真樹のために用意した山の一軒家は、吉田と、そして吉田が引き入れた
真樹の教え子たちがSとして君臨するための調教場所となっていた。

■第七話
教師として赴任して、二年目の夏を迎えた。
昨年一年間、真樹を奴隷としていたぶり続けた生徒2人は卒業前に、後輩にその立場を引き継いだ、
しかし、後輩2人は教師と生徒という立場を意識してしまい、真樹に対しての遠慮が感じられた。
一学期の間は、その様子を黙ってみていた吉田は、夏休みの期間を使い後輩たちを、
そして真樹を、徹底的に意識改革させて、奴らの関係性はどうあるべきなのかを教育してやろうと目論んでいた。
灼熱の真夏に、苛酷なしごきの日々が始まろううとしている……。

■第八話
卒業して行った先輩から真樹を引き継いだ現役の生徒2人は、灼熱の炎天下、吉田と共に真樹をいたぶり抜いていた。
20代前半のひときわ健康な肉体を持つ真樹には厳しい禁欲を強いながら。
その命令は真樹の精神にさらに苛酷な、そして甘くて仄暗い快楽の地獄を見せ始めていた……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042015
ファイル名/ファイル容量
BJ042015.zip / 1011.42KB (1035699Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

体育教師 第七話&第八話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「体育教師 第七話&第八話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件