>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数98
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

筋肉自慢のアスリートに、モデルのバイトの仕事がもちこまれた。
しかし、そこには巧妙な罠が仕組まれていたのだった。

筋肉自慢の男は、概してナルシストの傾向があるもの。
それが高じるとボディビルダーを目指してしまうのだ。
都内のある大学のラグビー部に、典型的な筋肉自慢ナルシストの4年生がいる。
部内の誰よりも筋肉を身に纏っていて、ボディビル部から助っ人を頼まれたことは
まんざらでもないと思っている。
しかし、この男・勇太は、自慢の筋肉を人前で晒したいという願望を
実行に移す程の度胸はないようだった。
そんな勇太に、後輩がアルバイトの話をもちかけてきた。
「男らしさ」を売りにした、ネット通販のみで展開している
ファッションブランドのカタログ・モデルだというのだ。

心の奥に押し隠していた願望を実現できるチャンスだと、勇太はアルバイトの話にとびつく。
バイト当日、待合せの公園に現れたのは、オーナーとデザイナーという2人の男。
勇太に負けないほどに見事な筋肉ボディの2人に、
体を絶賛された勇太は照れながらも嬉しくてたまらない。
公園内での撮影が始まったが、このブランドの服はどれもが伸縮素材で
体にピッタリと貼り付くようなものばかり。
勇太の大きめ乳首が、服の上からでもはっきり分かってしまう。
そんな状態で、言われるままポーズをつける勇太は、
人目が気になって恥ずかしく仕方ないのだが、恥ずかしさとは違う感情も覚えていた。

その後、プールに移動して、水着の撮影をすることになるのだが、
用意された水着はどんどん際どくなっていく。
恥ずかしさと、見られる悦びがないまぜになっていく勇太の運命は…

作品情報/動作環境

作品番号
BJ042004
ファイル名/ファイル容量
BJ042004.zip / 969.4KB (992664Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「褒貶の勇姿~アスリートを襲うセクハラ地獄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件