({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年03月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数98
ジャンル
ファイル容量
45.03MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【第一部全98ページをイッキ読み!】
戎橋政造、入魂のSMアクション大長編。
真正Mの男が踏みこんだ、社会の裏に存在するダークな世界とは。

大学体育会出身のゴツい熊男・進藤はスジ金入りの真正M。
真っ暗な中にどんどん落ちていくような感覚になりたいと願うも、
現実生活ではその願望を実現できることはない。
先輩が経営するSMクラブに通うものの、自分の願望とのギャップで、
常に悶々とした不満を抱えていた。

そんなある日、SMクラブに寄せられた「本物の奴隷を求む」というメールを先輩から見せられる。
興味を抱いた進藤は、その相手に連絡をとり、会うことになった。
待ち合わせの場に現れた相手・浜崎の車に載せられて、郊外の別荘に連れて行かれた進藤は、
浜崎の所有する勃起した男たちのオブジェを見つける。
「よくできている」と感心する進藤に浜崎は、
「それは生身の男を特殊コーティングで固めた生きているオブジェだ」と告げる。
逃げなければヤバいと進藤が感じたところに、2人の男が現れる。
その2人こそが調教師であったのだ…。

月下獄経 第一部 餓畜灯籠の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「月下獄経 第一部 餓畜灯籠」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件