>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数67
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではブラウザ視聴のみの対応となります。 ブラウザ視聴について ]

作品内容

リストラ対象の中年親父に与えられた仕事は、肉接待だった!
歪んだ愛憎劇をダークに描き上げる、くじらの問題作。

大手建設会社の専務・吉永への肉接待の仕事を与えられた繁谷だったが、
男に玩具にされる自分を受け入れる事ができず、
「会社はやめます、契約は無かったことにしてください」と拒絶してしまう。
その様を見て激怒する須賀沼をよそに、吉永は
「キミがもしも私を楽しませることができるようになったら、
キミと契約を結ぶよ」と繁谷に伝える。

しかし、会社を辞した繁谷は、再就職先が見つかるでもなく、
ただ家に引きこもる無為な日々を送ることになる。
半年めには妻が離婚を申し出て家を出て行き、息子の睦と二人暮らしとなる。
そして一年が過ぎたころ、繁谷は腹をくくり、須賀沼に復職したいと電話をかける。
須賀沼から与えられたのは、商店街の組合長への肉接待という小さな仕事だった。
繁谷が組合長へ肉接待としている頃、息子の睦は須賀沼と一緒のベッドの中にいた…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ041941
ファイル名/ファイル容量
BJ041941.zip / 38.37MB (40232349Byte)

白い血のゆくえ 02の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白い血のゆくえ 02」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件