({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年02月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数41
ジャンル
ファイル容量
612.17KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

あんま見習いという名目で親友の親父さんに触れる悦び。
90年代に書かれた小玉オサム初期の代表作。

中学三年のときに同じクラスになった沢田。
卒業してからも彼との親交は続き、ひと月に数回はお互いの家を訪ねたりもしていた。
沢田の親父は、40代後半の男盛り。
やせっぽちで飄々とした沢田とは違い、男らしくがっしりとした体をしている。
学生時代に野球をしていたという共通点があり、話も合って、オレは密かに想いを寄せていた。
そう、中学に入った頃からオレは自分が男好きだと自覚していたのだ。

高校を卒業して、あんまの学校に通い始めた。
勉強が好きではない野球バカのオレだったから、何か役に立つ技術を身につける方がいいだろうと思った。
そして、他人の体に触ることへのスケベ心も少しもっていた。
大学に入って下宿した沢田とは会う機会がめっきり減ったが、
夏休みに帰省してきたので、久しぶりに遊びに行った。
あんまの学校に通っているというオレに、沢田の親父さんが興味を示してきた。
勉強がてら親父さんを揉ませてもらうことにした。
それが、オレと親父さんの秘密の関係の始まりになった…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「親父~親友の親父は秘密のお得意さん」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件