({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年11月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
1.98MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

子供の頃から憧れていた親友の兄貴。
自転車で二ケツしたときの、でっかい背中とユニフォームの汗の匂いで、恋をした。

正月に久しぶりに帰省した大学生の俺は、懐かしい名前の年賀状を発見する。
小学校から中学校にかけての親友・宏和が送ってくれたものだ。
久しぶりに宏和に会いたいと家を訪ねたら、出て来たのは宏和の兄貴・孝太郎だった。
肝心の宏和と両親は初詣に行っていて留守だとか。
勧められるまま家に上がったものの、孝太郎と2人っきりではソワソワして落ちつかない。
なぜなら、俺が小学校時代に高校球児だった孝太郎に恋してしまっていたからだ。
昔は無愛想なイメージだった孝太郎が、俺に色々気遣ってくれる。
終いには、孝太郎の部屋で2人でAVを見る事に…。
憧れの「友達の兄貴」と2人っきり、なんだか空気も張りつめて来た。
こんな状況で俺、どうにかなっちゃいそうだよー!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「友達の兄貴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件