({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年02月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
739.59KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

師走に注連縄売りをするチンピラが目を付けたのは、魚屋の鯔背な若衆。
しかし、その若衆には秘密があった……。

中学を出て、極道の世界に足を踏み入れ、早20年。
三十代半ばになっても出世するでも無く、
師走には注連縄売りをさせられる落ちこぼれヤクザの鉄平。
商店街の店主に凄んで買わせようとするものの、逆に言い負かされてしまう始末。

厭世的な気分に押しつぶされそうな鉄平の前に現れたのは、粋で鯔背な魚屋の若き店主。
スカッと短く刈り込んだ髪に、雪のように白い肌に濃い髭剃り跡。
キリっとした眉と目。ガッチリした体格。商店街のアイドルかのように、
買い物客のおばさんたちに囲まれている若衆と、鉄平の目線がぶつかった。

刑務所で男の尻の味を覚えた鉄平は、むしゃくしゃした苦い気持ちをぶつけるかのように、
強姦のような形で若衆を抱く。
さんざんっぱら抵抗してみせる若衆だが、極道に勝てるはずもなく、
好きなように蹂躙されてしまう。
そして、これが2人の始まりだった。
しかし、若衆には、想像を遥かに越えた大きな秘密があったのだった……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「注連縄売り~秘密の若衆・色狂い極道地獄編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件