ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > アウトサイダー調教術~覚醒する本能、暴走する快楽

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数94
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

自分の心の奥に潜む嗜虐の悦びを突きつけられた刑事。
憎むべきレイプ犯の若者を前に、刑事の心が軋み、歪んだ欲望が顔を現す。

二十代から三十代後半の女性数十人が襲われた連続レイプ事件を追う刑事。
未成年者を含む数人の不良グループによる犯行であり、そのほとんどを逮捕した。
しかし、グループの中核であるリーダー格の男、柿崎徹平(19)は姿をくらまし、
その行方は杳として分からない。
刑事にとっては初めて担当する事件であり、強い情熱をもって徹底的に捜査を続け、
柿崎につながる有力な手がかりを掴む。

キーパーソンは、老外科医・亀岡誠一。
この事件の被害者の治療をはじめ、残された精液の採取や、手圧痕の分析など、
事件解決のために様々な協力をしてくれた。
それゆえ、心を許した刑事は容疑者に関する多くの情報を、聞かれるままに流してしまった。
亀岡医師は、刑事から得た情報を基に犯人を特定し、警察よりも先に柿崎に接触していたのだ。
痛恨のミスを犯したと悔いる刑事は、真実を探る為に亀岡医師を訪ねる。
そこで刑事が見たのは、拷問道具が並ぶ陰湿な地下牢に繋がれた柿崎の姿だった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040319
ファイル名/ファイル容量
BJ040319.zip / 1.39MB (1457104Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アウトサイダー調教術~覚醒する本能、暴走する快楽」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件