({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年02月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数51
ジャンル
ファイル容量
2.06MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

隣家の火事という偶然が、俺とその窓を結びつけた。
窓の中に見える男の誘惑は、俺の衝動に火をつけていく…。

向いのアパートが火事になり、半焼の騒ぎが起きた。
そのアパートは取り壊され、その結果、二階にある大学生の航平の部屋からは、
一軒先のアパートが見えるようになった。
部屋でパソコンをいじっていた航平は、ふと、
そのアパートの一階の、電気がついている窓に目を向けた。
そこには仕事から帰って来たばかりと思われる男がいた。
一人暮らしの気楽さゆえか、ネクタイを外し、服を脱ぎ、全裸になっていく男。

その様を凝視してしまったことに気づいた航平は、思わず苦笑してしまう。
「これが女の子だったら夜も眠れなくなってしまう」だろうと。
しかし、それはほんのキッカケに過ぎなかった。
しばらく後に、航平がその窓に目を向けたとき、
そこにはAVを見ながら欲情している姿をさらしている男がいた。
航平の心臓は高鳴った。そして、その窓から目を離すことができなくなってしまったのだ……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「窓の中の男~覗きの誘いは危ない匂い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件