>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年07月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数80
ジャンル

作品内容

田舎町で密かに伝承され続ける男たちの祭り。
灼熱の太陽のもと、男たちは本能のまま身も心も裸になる。

■若雄種汁奉納夏祭
北関東のとある田舎町に、豊作を祈願する夏の秘祭りが伝承され続けていた。
土着的でかつ原始的な性の匂いがするその祭りの主役は、
「新雄(アラオス)」と呼ばれる初参加の若い男だ。
過疎化が進み若い男が少ないこの町に、ある大学生が住み着いた。
原チャリで30分の距離の大学に通う、この男。
2浪したために、2歳年下の同級生たちと一緒の学生寮生活が嫌で、
わざわざこの田舎町に下宿することにしたという。
町唯一の居酒屋「あさひ庵」は、町の親父たちのたまり場になっていて、
この学生もすっかり常連となっている。
祭りのために「新雄」を必要とする男たちが、この学生を見逃す筈はなかった。
そうとは知らぬ若者は、仕掛けられた罠にまんまとはまり…。

■紅い足袋
周りをぐるりと山に囲まれ、一方だけ海に開けた集落。
そこに住むのは、漁師を生業とする男たちと、その家族。
灼熱の真夏に、海の男たちが安全と豊漁を祈願する祭りが行われる、祭りの主役は「年男」。
紅い足袋を穿く年男には、神輿の後に夜の役目が待っているのだった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040315
ファイル名/ファイル容量
BJ040315.zip / 841.47KB (861666Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「灼熱の野郎(秘)祭~神に捧げる伝承祭祀」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件