ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 痴漢 淫交車両日記

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数63
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

白いキャンバスのように爽やかな好青年を襲う痴漢、セクハラの嵐!
そして青年は、違う自分が目覚めたことに気付いた。

テニスサークルに所属する20才の大学生、健人。
無垢なキャンバスを感じさせる爽やかな好青年。
高校時代に告白された先輩と4年越しの交際を続けている。
先輩は、学校中の女の子から注目されるような、カッコいい存在。
そんな先輩とカップルでいることに、健人は満足を感じていた。
そう、あの日までは。

スーパーで万引きをしたと疑われ、店長室に連れて行かれた健人は、店長から性的ないたずらを受ける。
以前から、先輩と一緒に買い物に来ていた健人に、店長は目をつけていたというのだ。
まったくタイプではない男に、セクハラをされながら、自分が興奮していることに気付く健人。
それまで知っていたはずの自分とは違う姿が現れてきたことを感じた、
そして、これはすべての始まりにすぎなかった。
何も知らずに乗った電車の車両で、男を狙う男達が集う痴漢電車だったのだ…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040314
ファイル名/ファイル容量
BJ040314.zip / 667.35KB (683363Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「痴漢 淫交車両日記」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件