ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 満たされる時刻~雄の器に溜まりゆく欲望

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年06月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数117
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

11年間溜め込んだ欲望の深淵。
年下の支配者によって開花する性処理道具の新たな雄の道とは?

発散する術を知らなければ、心の底に澱のように沈殿していく…。
そう、雄の體は、欲望が溜まってゆく器なのだった。

・・・・・その男は、警備会社の寮で、同室の先輩に命じられて性処理道具になるよう仕込まれた。
そうすることで男は、雄の悦びを覚えたのだった。
ところが、仕事でトラブルに巻き込まれた男は、職と共に、性の環境を奪われてしまう。
性処理道具として使われることでしか、自分の欲望を開放できない男は、
その後11年もの間、自分を支配してくれる存在を求めながら、
仕込まれた通りに週に一度自らを慰め、心の底に満たされない欲望を溜め込み続けていた。

そんなある日、男は自分の欲望を開放してくれる、年下の新なる支配者に出会った。
體いっぱいに溜め込んだ欲望を開放するかのように、男は支配者の命じるまま、
えげつなくも淫らで刺激的な経験を積み重ねて行くのだった。

第一話【積年の欲望を開放する支配者との邂逅】
第二話【痴態を人に見られる悦びを知る日】
第三話【新たな肉の悦びを知る輪姦の夜】
の3エピソードによる大長編ハードポルノ。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040309
ファイル名/ファイル容量
BJ040309.zip / 923.73KB (945900Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「満たされる時刻~雄の器に溜まりゆく欲望」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件