ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 土蔵のからくり人形~虐げられる若者たち

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数116
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

義父に嵌められ、廃嫡されて土蔵の座敷牢に閉じ込められた若旦那。
おぞましい義父の淫欲は、若旦那の人生を変えて行く。

時は天保年間、江戸の町中に備前屋という呉服問屋があった。
跡取り娘といい仲になった奉公人が婿入りして、千代之助という跡取りをもうける。
しかし、旦那は病に倒れ、後添えとして番頭の広助が婿入りし、五代目備前屋与兵衛となる。
妻である千代之助の母は与兵衛のことを嫌うものの、千代之助の弟をさずかる。
婿入りして旦那となったにも関わらず、自分をあくまで番頭扱いし続ける大旦那にも、
嫁である千代之助の母のワガママ放題にも辟易しながら与兵衛は恨みを心に溜め込んでいった。

大旦那が死に、千代之助の母が変死したことをきっかけに、
与兵衛は血のつながった次男に跡を継がせるため、千代之助を罠にかける。
そして、千代之助は姿を消した……。
土蔵の座敷牢に蟄居させられた千代之助は、与兵衛の性奴として厳しく躾けられ日々が続いていた。
数年に渡る仕込みの成果は、確実に千代之助の精神と肉体を変化させていた。
与兵衛が満足の笑みをこぼすほどに……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040308
ファイル名/ファイル容量
BJ040308.zip / 2.07MB (2172355Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「土蔵のからくり人形~虐げられる若者たち」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件