({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数51
ジャンル
ファイル容量
545.47KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

同じ社宅に暮らす、同い年のノンケ親父2人とゲイ親父の、世にも不思議な三角関係。

49才で転勤となった俺。男好きで独身。
いつものごとく独身寮に世話になろうと思っていたのだが、
あいにく空きがなく、家族持ち用の社宅をあてがわれた。
右隣に住む鷹野は、奥さんと二十歳の息子との3人暮らし.
左隣の柴田は五人の子持ちで奥さんと七人家族だ。

一人には広すぎる部屋で少々孤独を感じる俺だった。
しかし、俺の歓迎会の後、酔った鷹野と電車の中で妙な雰囲気になってしまう。
そしてそれをきっかけにしたかのように、柴田とも妙な雰囲気になってしまう。
ノンケのはずの2人とも、50代を前にして、
まだまだ溜まりゆく性欲を吐き出す場がなく、悶々としていたのだ。
そして年齢に抗うかのように性欲を剥き出しにして俺を求めて来る2人。
とても孤独など感じる暇もなくなるのだが……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「四十九才のクライシス~ノンケ親父たちのプライド決戦」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件