>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数74
ジャンル

作品内容

爽やかな都会の高校生と、垢抜けない田舎出の家庭教師。
2人が始めた、秘密の性的なゲームとは!?

田舎から東京の大学に入学した中島良介。
アルバイトで学費を稼ぐ良介には、オシャレをしたり遊んだりする余裕はなかった。
そんな良介のバイトのひとつが、高級住宅街に住む高校生・宏の家庭教師だった。
そしてこのアルバイトこそが、良介が自らの垢抜けない風貌に関して、
強烈なコンプレックスを抱かせる原因であった。
整った顔立ちの中に愛嬌とあどけなさを併せ持ち、健康的でバランスの良い体つき。

爽やかな人間だけが持つことを許される甘い体臭の宏が、なにかと良介にじゃれついてくるのだ。
高校の頃から年下の男子ばかりが気になって仕方がない男好きの良介にとって、
これは嬉しくて堪らない反面、自分の醜さを否応なく自覚させられる状況でもあった。
そんなある日、「成績があがったら何かご褒美をやらなくちゃな」という良介に対し、
宏は「先生の体、触りたい」と応えた。
2人の間に流れる不穏な空気、そしてこれが2人のゲームの始まりだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040298
ファイル名/ファイル容量
BJ040298.zip / 1.83MB (1914711Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「家庭教師、陵辱。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件