>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年10月31日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数48
ジャンル

作品内容

理不尽な要求に黙って従い、己が運命を諦めて受け入れる若者の姿は妖しく美しい。そんな若者を描く2編。

■「草地の儀式」
バンカラな校風が残る田舎の高校に、都会から引っ越して来た見目麗しき美少年が入学してきた。
稚●を持ち可愛がることが男の証と考えるのが伝統のこの高校において、
美少年はいわば野獣の群れに放り込まれた獲物のようなもの。
誰かの稚●として庇護を受けなければ、彼を狙うすべての上級生の餌食となるしかない。
選択の余地もないまま、柔道部の猛者の稚●になることが決められる。
そして学校裏手の高台の草地で、稚●固めの儀式が執り行われることとなった。
それは美少年の予想を遥かに上回る、えげつない儀式であった……。

■「白昼のお漏らし」
とある無名大学レスリング部。
活動費もほとんどないこの部では、夏休みは下級生は中元配達のバイトで金を稼ぐ事を命じられる。
しかし三人の下級生には、別のバイトが待っていた。全国各地のOBの元を廻って寄付金をもらうのだ。
そのためにはOBたちの要求には、すべて従わなければならない。レスリング部員の過酷な夏が始まった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040297
ファイル名/ファイル容量
BJ040297.zip / 1.77MB (1851934Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「虐げられる若者たち~草地の儀式/白昼のお漏らし」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件