ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 融資の条件 第三話 すがりつく奴隷宣告

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数69
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

薄情な妻の裏切りにあい、家も仕事もすべてを失った男。
すがれるのは、自分に屈辱を与え続ける相手しかなかった。

会社をまもるため、そして妻をまもるために、
二度と会わないと固く心に決めていた大学時代の友人・圭輔に、助けを求めた。
親友であったはずの俺と圭輔。
しかし、圭輔は俺に対しもっと異なる感情を抱いていた。
それは、俺を性の奴隷にしたいというものだった。

卒業が迫ったある日、無理矢理圭輔に犯され、抵抗しながらも快感を覚え、
奴隷になると口走ってしまった自分が怖くなり、圭輔の前から姿を消した。
そんな俺に対して、会社を助ける代わりに圭輔が求めて来たのは、
昔と同じく、奴隷になれという屈辱的な条件であった。
家を訪ねてきた圭輔は、旧知の妻にさかんに酒を進めては酔わせようとする。
そして、泥酔して熟睡する妻の横で、俺のことを犯した。

そんな妻は、俺を裏切り会社の株も、家の権利も、すべてを圭輔に売り払ってしまったのだ……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040288
ファイル名/ファイル容量
BJ040288.zip / 2.2MB (2312027Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

融資の条件 第三話 すがりつく奴隷宣告の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「融資の条件 第三話 すがりつく奴隷宣告」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件