ゲイ > メディレクト(旧 古川書房) > 蔵の家 最終話 引き継がれる宿命の儀式

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数98
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

本物の「奴隷」になるための道程。
予想を遥かに超えた、苛酷だが愛情に満ちた調教の日々、ついに完結。

被虐指向の強い21才の青年が巡り会った本物の支配者。
逞しく強いその親方の下で舎弟になるための仕込みを受ける日々が続いている。
親方の厳しい調教にただ耐えるだけでなく、下される命令や苛酷な責めを
自らの意志で受け抜くことで舎弟として成長する。
そして、秋のある日、屋敷に5人のSと、それぞれの舎弟が招かれた。
親方のS仲間の前で、青年は「舎弟候補」ではなく、舎弟として紹介される。
親方とS仲間たちの宴席が始まるなか、連れて来られた舎弟たちと共に簡単な食事を与えられた後に、
水で体を清め、親方たちの待つ場へと向う舎弟たち。
惨めな姿を曝け出し見せ物となり、そして苛酷な責めを受ける舎弟たち、
しかし、その後に舎弟交換なる儀式が待ち受けていることを青年はまだ知らなかった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040287
ファイル名/ファイル容量
BJ040287.zip / 2.33MB (2442974Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

蔵の家 最終話 引き継がれる宿命の儀式の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「蔵の家 最終話 引き継がれる宿命の儀式」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件