({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年07月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数63
ジャンル
ファイル容量
1.18MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ラブホテルのノンケバイト青年、隠しカメラで客の痴態を覗き見して楽しんでいたが…。

ラブホテルの受付業務のノンケ青年。
客と顔を合わせない作りのフロントなので、
館内の防犯カメラの映像をモニターで見る警備の仕事が実質の業務だった。
ところがモニターのチャンネルを変えていくうちに、
いくつかの客室に隠しカメラが仕掛けられていることに気づいた。
それからは、隠しカメラで客の男女のエロ行為を覗き見ては、せんずりする毎日となる。
社長はほとんど顔を出さないので、気楽なバイトとして楽しんでいた。

ところがある日、隠しカメラのモニターに映ったのは男2人のラブシーン。
怒りにまかせて思わず部屋を訪ねて文句を言うバイト君だが、その男2人に無理矢理犯されてしまう。
ノンケ青年にとっては、想像したことすらない男同士のセックスは、
衝撃的で嫌な思い出のはずだったが、なぜだかその時に感じた快感が忘れらられなくなる。
そしてなぜだか、社長がバイト君を見る目つきも妙な感じになっていく。
それにはバイト君は知らない、社長の副業が関わっていた…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ラブホテル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件