({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数64
ジャンル
ファイル容量
758.76KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

人里離れた山奥で一人、竹炭を焼く若者。その心には、深い傷痕が刻まれていた…。

ほんの気楽なトレッキングのつもりで登った、勝手知ったるはずの奥秩父の山。
晩秋の山の景色に見とれ、冬の気配のする冷たい空気を吸った俺は、
気が緩んでしまったのか、下山で迷ってしまい、竹やぶの中で途方に暮れてしまった。
方向の感覚も失い、不安に襲われた俺の前に、粗末なログハウス風の小屋が現れる。
そして、そこには、二十代半ばの無精髭をはやした逞しい若者が住んでいた。
一晩、そこで世話になることにした俺は、一人で竹炭を焼き生活している若者の朴訥とした様に好感をもつ。
そして、飾らない心ばかりのもてなしに心からリラックスする。
しかし、その夜、若者は淫らな獣へと豹変する。
その様を見て昂奮した俺は、若者と激しく交わり合うのだったが……。
なぜ、若者は豹変したのか? そして、なぜひとりで山奥で暮らしているのか?
若者が心に抱える暗い傷痕とは……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「竹林の男~PTSD・闇の記憶」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件