>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数62
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

なぜだか好みの男とトラブルが重なってやってくる。
男好きの不動産屋オヤジの昇天日記!

とある私鉄のとある駅、その駅前商店街にあるちっぽけな不動産屋が俺の城。
もともとは親父がやっていた仕事だが、突然ぽっくり死んじまって、
大手ゼネコンに務めていた俺が後を継いだってわけだ。
城ったって、社員は俺一人の超零細企業。
そのぶん、気楽にのんびりとやらせてもらっている。

■第一話「シェービングクリームで昇天!」
先日転勤で俺の管理物件に入居して来た二十五才の営業系リーマンの西岡クンのことが、
最近は気になってならない。
野郎好きの俺にとっては、体育会出身で雄のフェロモンを放ちまくる西岡クンは、まさに理想の男。
そんな西岡クンが、浴室の流れが悪いと相談してきた。
簡単なパイプ修理くらい業者を呼ぶまでもない、
ということで西岡クンが会社にいっている間に、浴室を見に行く事にした。
乱雑な部屋には西岡クンの雄の匂いが満ちている。
俺の理性は、早くもぶっ飛んでしまいそうだ……。

■第二話「窓全開の大胆露出で昇天!」
以前勤めていた会社の同期たちとの飲み会帰りに電車に乗っていた俺は、
車窓から見えるマンションの一室で全裸で自慰をする逞しい男を発見する。
しかもそのマンションは、俺が管理する物件だった。
数日後、そのマンションに空室はないかと訪ねてきた男がいた。
その男は、電車の中で俺の隣に立っていて、露出男を見ながら興奮していた青年だった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040278
ファイル名/ファイル容量
BJ040278.zip / 730.27KB (747799Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

駅前不動産屋繁盛記01の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「駅前不動産屋繁盛記01」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件