({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数71
ジャンル
ファイル容量
1.92MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

季節は巡り、2人の生徒の性玩具にまで堕とされたラグビー部顧問の日常とは?
体育会ゲイ小説を代表する名作。

大学ラグビー部の先輩であり、男の味とマゾヒスティックな悦びを教え込んだ吉田の紹介で、
高校の体育教師かつラグビー部顧問として赴任した黒川真樹。
その吉田の計略で、着任直前には自分の教え子となるラグビー部の生徒2人に、
年齢差、そして立場を逆転させられた倒錯的な主従関係を結ばされる。
学校では従順な生徒、しかし、吉田が見つけて来た小高い山の一軒家の
真樹の下宿では苛烈な暴君としてふるまう2人の生徒。

■第三話「冬の密室責め玩具」。
春から夏、秋、そして冬へと季節は巡り、2人の暴君のサディスティックな行為は過激さ増すばかりであった。
そして真樹は、生徒の奴隷にされるという屈辱的な状況すら悦びに感じてしまうようになっていた。
ある冬の週末、一週間の禁欲を強いられた真樹を、2人の生徒が自分たちの欲望を満たす為の
性玩具として一軒家に監禁し調教し続けるのだ……。

■第四話「厳寒! 屋外SM調教秘録」
ある日曜日、真樹の住む小高い山の一軒家をいつものように訪ねて来た忠之と雄二だったが、
その日はいつもとは状況が違っていた。
全裸で椅子に胡座をかかせた真樹をイーゼルに見立てると、
吉田はそこに一枚ずつ大判のプリント写真をのせていく。
それは、正月休みを利用して真樹を東北旅行に連れて行った吉田が、
厳寒の屋外で真樹を調教してきた記録であった。

体育教師 第三話&第四話の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「体育教師 第三話&第四話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件