({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年03月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数51
ジャンル
ファイル容量
1.99MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

偶然の出会いは、秘めた欲望を開放するのだろうか?
Sの若者と年上兄貴の、一晩の会話劇。

「兄貴はMだろ? 顔に書いてあるぜ」
突然の指摘に、俺は言葉を失っていた。
ひょんな出会いで、深夜から朝にかけての数時間、俺の部屋で過ごすことになった若者。
10年以上前に俺が好奇心から出演した雑誌のヌードグラビアを、
そいつは高校生の頃に見ていたという。
俺がドMっぽくて、堪らなかったと言い、そして、問わず語りに若者は過去の経験を話し始める、
高校の体育の教師に、卒業式の日に告白された。

その教師が、グラビアに出た頃の俺に似ていたこと。
年下に陵辱されたいという願望の教師を、全裸にして土下座してお願いさせたこと。
そして、それから以降の教師との関係……。
ガタイが大きく、頼れる兄貴として見られている俺は、誰にも話したことがなかったが、
年下の男に跪き、服従を誓い、陵辱されたいという願望を抱いていた。
そんな俺を見透かすかのように、若者は決断を迫るように言葉で俺を責め立ててくる。
始発が動き始めるまでの数時間で、俺は自分の心に正直になるのだろうか?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「淫獣の告白~年下に虐げられたいドM兄貴の奴隷試験」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件