>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数81
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

イケメン新人君に蔑みの目で見られることにゾクゾクする、冴えない中年課長の屈辱と悦びの日々。

私は、若い時分にレスリングをやっていた面影もなくなった、冴えないデブな中年課長。
妻子もちにも関わらず、実はイケメン新人社員のことを、
憎からず、いや、かなり熱烈な好意をもって接している。
まさに手取り足取り営業を教えこもうとしているのだが、当のイケメン君が失敗するたびに、
女上司からキツく責め立てられる毎日。
イケメン君の前で、女上司から生理的な嫌悪感まで露骨にぶつけられるのは、正直屈辱を覚える。
でも、その屈辱感に、ちょっとゾクゾクしたものが混じっていたりもしている。
女上司にプライドを傷つけられている姿を、イケメン君に哀れみの目で見られようものならば、
ゾクゾクした快感が私の身体を駆け巡るのだ。

ところが、イケメン君が露骨に私を避け始めた。
仕事の相談を別の先輩にするようになったのだ。
冷静さを失った私は、まるで嫉妬に狂ったかのようにイケメン君に詰めよってしまった。
それは、私の社内での立場をさらに悪くするきっかけになる。
イケメン君から蔑みの目で見られても、彼への思慕は止めることができない。
社内でも孤立していく屈辱の日々が、私に新たな悦びを教えてくれることになるとは、
そのときはまだ知らなかった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040272
ファイル名/ファイル容量
BJ040272.zip / 2.53MB (2651412Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「おもらし課長~屈辱快感日記」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件