>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年08月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数72
ジャンル

作品内容

消し去りたい過去と、再び直面させられる男。
会社を救うための融資の条件として、突きつけられた屈辱が迫り来る。

大学時代に親友だと思っていた男、体育会のスター・圭輔は、俺に対して友情以上の想いを抱いていた。
卒業間近に迫ったある日、俺を無理矢理に押し倒し、「俺の奴隷になれ」と言いながら陵辱した。
嫌悪感しか覚えていなかったはずなのだが、俺の身体は圭輔の責めになぜだが反応して、
奴隷になることすら同意してしまうのだ。

コトが終わったあと、怖くなった俺は圭輔の前から姿を消す。
二度と会うこともないと。大学の同級生と結婚して事業を興した俺だが、会社が倒産の危機に陥る。
万策尽きた俺は、妻の強い勧めで、IT関連で成功を収めている圭輔に助けを求めに行くのだった。
圭輔から提示された条件とは、大学時代のあの屈辱の夜と同じものだった。
社員を守るため、妻を守るため、俺はその条件に同意するしかなかった。
そして、圭輔が俺の家を訪ねてきた。妻もいるその夜に、事態は大きく動くのであった…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040270
ファイル名/ファイル容量
BJ040270.zip / 2.18MB (2289953Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

融資の条件 第二章 強いられた屈辱の夜の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「融資の条件 第二章 強いられた屈辱の夜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件