({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数76
ジャンル
ファイル容量
1.87MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「一度でいい、痴漢してみたい」
それは男の性なのか? 逃れられない誘惑に、男たちは耽溺していく。

電車の中で、気になる男に触れてみたい…。男なら誰もが抱くであろう痴漢願望。
しかし、その願望を実践するかどうかは、別の話。
この物語の主人公はまあ10人並みの、とりわけいい男でもないルックスの持ち主。
電車の中でムラムラしてしまう気持ちは、つきあっている恋人にぶつければいいや、
と理性で欲望を抑え込もうとしていた。
ところがその恋人が、ルックスのいい相手になびいてしまい振られてしまった。

その顛末を友人の平三に話すと、新しい相手を紹介してくれると言う。
そこに期待をかける主人公ではあるが、勢いで電車の中の痴漢行為に走ってしまう。
恋愛と欲望を分けて考えるタイプの平三に、またまた顛末を話す主人公。
すると平三は、主人公に男を紹介するのと並行して、一緒に痴漢をしようと提案してくる。
そして主人公も、恋の喜びと同時に、痴漢をする悦びにも浸って行く。
理性で抑えようとしても抑えきれない欲望を抱えた男達が集まる電車の特定車両で……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「集団痴漢車両~やめられないとまらない物語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件