>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数158
ジャンル

作品内容

近寄るのも怖い大学野球部の鬼コーチの真の姿は、年下の部員に攻められたい受け野郎だった。

とある大学野球部の鬼コーチ、権堂。
近寄るのもビビるほど恐れられている存在にも関わらず、
実は権堂は年下に攻められたい受け野郎だったのだ。
三回生の延山と、誰にも秘密の関係を続けてきたのだが、
部室で交わっている姿を一年生の直田と二年生の藤平に目撃される。
口止め料代わりにという延山の提案で、2人のモノを口で奉仕させられる権堂。

ところがその日を境に、忙しいという理由で延山に会えない日が続く。
体が年下の攻めを求めてしまう権堂は、直田と藤平を個別に居残りを命じて、
秘密の交わりを結ぶのであった。
延山に対して後ろめたい気持ちを抱きながらも、淫らな体は年下の攻めを求めてしまう。
権堂は直田と藤平を交互に居残りさせては、その関係を続けていた。

そんなある日、延山から久しぶりに「居残り」をしようと誘われる。
連取後に部室に向うと、そこには延山と直田、藤平、さらにほとんどの部員が居残っていたのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040267
ファイル名/ファイル容量
BJ040267.zip / 1.09MB (1140598Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「居残り特訓~鬼コーチ、浮気の代償」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件