>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数44
ジャンル

作品内容

許されざる背徳の交わりは禁断の蜜の味がする。
同じ家で暮らす良き夫良きパパである義兄は、俺にいじめられたいと望むM男でもあった。

「もっとたたいてくれて、いいんだ」
同じ家で暮らす義兄。婿入りして家業のうどん屋で働くものの、
不器用で愚鈍な義兄は俺の家族から疎まれる存在だった。
しかし、初めて姉が連れてきた時から、俺は義兄を男として意識していた。
しかし、男にはまったく興味もなさそうな態度を見るにつけ、
叶わぬ想いだと、胸の底に沈めるようになっていた。
そう、男を好きな男たちが集まる場所で偶然に会うまでは。

初めは、間違いが起こっただけだと思った。
どんなにうちの家族から疎まれていようとも、姉が愛している旦那さんで、
可愛い甥姪たちのよきお父さんでもある。
そんな義兄と、家族が暮らす家の中で淫らな関係になるなんて!
しかし義兄は、俺を求めてくるようになる。
みんなが寝静まった夜中に俺の部屋に忍んで来たり、
俺だけしか家にいない時間帯に仮病を装って帰って来たり。

頭では止めなければならないと分かっているのだが、
俺を見つめる熱っぽい眼差しに、つい流されてしまいそうになる。
そんな自分を押し止めようと振り払った手が義兄に当たった時、
その眼差しにさらに熱が籠ったことに気がついた。
そして熱い眼差しで義兄は呟く。
「たたいて欲しいんだ、殴ってくれたっていい。いじめてもらえれば、俺…」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ040266
ファイル名/ファイル容量
BJ040266.zip / 546.38KB (559497Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「義兄~許されない欲望・禁断の交わり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件