({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数152
ジャンル
ファイル容量
1012.84KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

早朝から続々とお客がやってくる田舎の揉み屋。
その秘密は、腕のよさだけじゃなく、スペシャルマッサージにあり。

東京で同じ鍼灸学校に通っていた年下の武に誘われ、武の故郷にやってきた俺。
武の親父さんがやっている按摩屋に、住み込みで働くためにきた。
俺は三十五才。家族は愛犬だけ。そう、俺には帰るべき家もない根無し草のような存在だ、。
だから都会だろうが、田舎だろうが、愛犬と共に住み込みで働けるなら、
どこだって構わないと考えている。

武の故郷は、本当に田舎で、遊ぶところなどまったくない。
かつては半農半漁の人が多かったというくらいのどかな環境。
力仕事をやっている人が多いせいで、田舎の割に、按摩屋は結構忙しい。
仕事の前や、合間にやってくるもんだから、早朝から店を開ける生活だ。
いや、それ自体は問題ないのだけど、なにせ遊ぶ場所のない田舎のこと。
男達の欲望を吐き出す場所もないときている。
そんな男達の欲望を手軽に抜いてあげる役目を、武の親父さんはやっていたようだ。
そして、俺にもそのお鉢が回ってきた…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「田舎の揉み屋」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件