({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年02月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数103
ジャンル
ファイル容量
1.14MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

弁護士 隈吉源三・三十三才。医療過誤による2つの案件の狭間で、男を愛することの現実に直面する。

一度は医学の道を就きながらも、法律の道に進路を変えた弁護士・隈吉源三。
その質の高さでは日本の法曹界でも有数と言われる弁護士事務所に採用された。
医師として学んだ知識と、医療現場の実態に触れた経験をかわれ、医療に関わる案件を担当していく。
同じ事務所に在籍しているのは高校時代の同級生・高山。
運動神経が悪く肥満児でコンプレックスの塊だった源三とは違い、
高山は正スポーツ万能でハンサム、家は名家でお金持ち。
努力の影すら見せずに東大法学部に合格してしまう優秀さ。

しかし、そんな高山は源三に昔から恋をしていたという。
男と肉体関係を結ぶなどと考えた事もなかった源三だが、
高山の熱意に応えるように男同士の関係を覚えていく。
そして、それは単なる肉体関係だけではなく、気持ちまで動き始めていくようだった。
そんな感情にとまどいながらも高山のことが気になって仕方が無い源三。
しかし、高山はあからさまに源三を避けるようになり……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「弁護士 隈吉源三 第二話 すれ違う想い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件