({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数73
ジャンル
ファイル容量
764.43KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

消し去りたい過去と、再び直面させられる男。
会社を救うための融資の条件として、忌まわしき過去から突きつけられたものとは?

圭輔、その忌まわしき名前は、俺の中から閉め出して、一生関わることはないはずだった。
しかし、俺は再び圭輔の前に立ち、助けを乞うはめになってしまった……。

大学時代の親友であった圭輔。
体育会のスターでありながら、なぜだか俺のような体育会とは縁のない男と仲良くなった。
そして毎日のように俺のアパートに訪ねてきては、アホな話をしたり、
AVを持ち込んでせ●ずりをしたりと、完全に心を許し合った友だちになっていた。

しかし、圭輔は友だち以上の気持ちを俺に対して抱いていたようだ。
卒業も近くなったある夜、俺は圭輔にいきなり襲いかかられ、無理矢理に陵辱されたのだ。
嫌悪感に満ちた屈辱の記憶、しかし俺の中には屈辱とは呼べない感情も生まれかけていた……。

融資の条件 第一章 忌まわしき過去の涙の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「融資の条件 第一章 忌まわしき過去の涙」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件