({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数95
ジャンル
ファイル容量
957.43KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

本物の「奴隷」になるための道程。
俺は、二度と引き返せないその道を歩み始めた。

被虐指向の強い21才の青年。彼は本物の支配者を求め続けている。
自分より強い力によってしか、自分を動かせない事が分かっている.
自分の性の欲望は、支配者によってしか満たされる事が無いと分かっている。
SMクラブや掲示板などでSを探し続ける日々なのだが、
若者が欲してやまない本当の支配者を見つける事はできなかった。

そんなとき見つけたのがSM雑誌の文通欄だった。
今どき文通なんてまどろっこしい方法を使う奴なんているのか、と思いながら読む若者。
そこで彼は、本物を予感させる投稿に目が止まる。
「すべてを捨て、本気で俺に人生を預ける覚悟のあるM野郎だけを募集する。遊び半分の手紙には返事しない」
普段、手紙など書かない若者だったが、すぐにコンビニに行き、便せんを用意して、
自分の願望をこめた長い長い手紙を自筆で書いて投函した。
そしてついに届いたSからの手紙。若者は書かれていた電話番号に電話をかける。
そうして始まったSと若者の毎朝の定時連絡によるSM問答。
そして、これはSが課した若者への試験であった……。

野郎修行調教秘録 蔵の家 第一話 親方と舎弟の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「野郎修行調教秘録 蔵の家 第一話 親方と舎弟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件