({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数62
ジャンル
ファイル容量
692.44KB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

獲物は純情大学生。満員電車は肉調教の現場と化す。
その事件は、元陸上部の大学生・岩城が、大学に通うようになって一週間後に始まった。
朝の通勤ラッシュでごったがえす満員電車の中、何者かが岩城の尻と股間に触れてきたのだ。
周りに女性はいない。周りは男だけなのだ。それは、翌日もその翌日も続いた。
次第にその嬲りの魔手は数を増してゆく。
男である自分が男に痴漢されているという事実に嫌悪と恐怖を感じる岩城であったが、
長身で逞しい体つきに反して内気な性格の岩城は、抵抗できないままその身を弄ばれてしまう。
何者かの濡れた指が、直に彼の尻の上を這い回り、熱さと堅さを増した股間へも手が伸びる。
はるか遠い停車駅まで、陵辱はその激しさを増していくのだった…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「痴漢電車日記」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件